カラダのために供
0
     前回はシリコンについて少し書いたんですが、今回はもっと重要な『界面活性剤』のお話です。

     シャンプー剤には頭皮の余分な脂や汚れを落とす成分が入っています。この成分が簡単にいうと界面活性剤です。シャンプーに限らず汚れを落とす洗剤類にはほぼ入っています。

    この界面活性剤ですが、この中でも種類が分かれていて、シャンプー剤は石油系のものがほとんどです。
    市販されているものでは98%がこの石油系といわれています。

    でもこの石油系というのがかなり値段が安いという長所の代わりに、
    ・洗浄力が強すぎて頭皮の刺激が強い
    ・乾燥や炎症を起こしやすい
    ・頭皮のたんぱく質を溶かしてしまう
    という短所があります。

    その結果毛が十分成長しないまま抜けたり、毛根が死滅してしまったりすることがあります。
    髪が多すぎて困ってる方や、脂性の方は気にならないかもしれませんが、ハリ・コシ・ボリュームがないと悩んでる方にはかなりダメージがあります・・・

    気になる方はパッケージの成分のところを見てくださいね。
    『ラウレス硫酸・・・』『ラウリル硫酸・・・』
    という成分が入っていれば石油系の界面活性剤です。

    そしてもうひとつ、アミノ酸系のものがあります。
    これは石油系と全く逆で値段が高いのが短所という代わりに、
    ・刺激が少なく、頭皮にやさしい
    ・洗浄成分自体に、髪へのダメージに浸透して保湿する働き
    ・継続して使うと脂性肌の方も皮脂の分泌量が標準まで下がってくる

    アミノ酸系のシャンプーは時間をかけてゆっくり髪と頭皮を健康にしていくので使ってすぐに良さが分かりにくいですが、長期で使うと髪も頭皮も体にもいいです。

    成分は『ココイル・・・』や『ラウロイル・・・』と書いています。
    この成分が入っていて『アミノ酸系シャンプー!』と書いていてもラウレス・・・やラウロイル・・・スルホン酸・・・などが書いてあればアミノ酸系を謳った石油系シャンプーですので気をつけてくださいね!

    今日はここまでです(笑)
    ながながと読んでいただき有難うございます!
    みなさんの生活の知識に役立てて下さいー☆
     
    ☆Beauty☆ | comments(0) | -
    entry_bottom
    Comment
    コメントする









    entry_bottom